google-site-verification: google2ec8973bd812513f.html

ぶらりツーリングでキャンプ飯

バイク グルメ キャンプ飯の話

スノーピークの本社に行きました。

新潟に帰省した帰りに少し寄り道、三条市スノーピークの本社に行ってきました。

バイクではありません。(笑)

周辺には、アウトドア用品のメーカーが何社かあり、キャプテンスタッグは、同じ三条市ですし、お隣の燕市には、ユニフレームがあります。

金物、金属加工の町ならではです。

ナビを頼りに進みますが、街中を外れ、家屋もまばらになってきます。少し不安になりますが、曲がりかどには、スノーピークの案内板がしっかりあります。訪問者が多いようです。

ナビではもうすぐのようですが、風景は、こんなところにあるのかな?という感じです。

f:id:osamu-ok:20191202224348j:plain

ナビではもうすぐ

 

いよいよ到着です。丘の上に社屋が見えます。お洒落な感じです。

f:id:osamu-ok:20191202224519j:plain

丘の上に社屋

駐車場から社屋に向かうと、一面、広がるのは、広大な草原、キャンプ場です。

まるで高級リゾートキャンプ場の管理棟のように本社はありました。

f:id:osamu-ok:20191202225125j:plain

広大なキャンプ場

f:id:osamu-ok:20191202230709j:plain

管理棟のような本社

建物は、キャンプ場の受付も兼ねたショップと本部・ヘッドクォーターに分かれています。

f:id:osamu-ok:20191202225540j:plain

ショップ

f:id:osamu-ok:20191202225603j:plain

本部

自分達の商品の使われる環境の中にオフィスを置いて、商品開発をする。こういう環境でスノーピークの商品は考えられているんだ。と思うと何か商品に対する信頼性がアップします。(この週に焚き火台を買ったばかりなのです。)

あと、自分が、ここで働いて残業したら、家に帰るのが面倒なので、テントを張って泊まるだろうと想像しました。(笑)

f:id:osamu-ok:20191202231048j:plain

残業して泊まる

スノーピークを出て、帰路につきます。昼を過ぎたので、高速に乗る前に、まずは腹ごしらえ。三条は、金物とラーメンの街、ラーメンにします。

f:id:osamu-ok:20191202231835j:plain

ラーメン勝さん

看板に魅かれて、勝さんに決めました。

f:id:osamu-ok:20191202232017j:plain

背脂・玉ねぎ

まずは魚介が香ります。麺を口に含んで噛みしめると、小麦の味わいをしっかり感じさせてくれます。玉ねぎがシャキシャキ、背脂しっとり、その対比が楽しめます。

岩海苔がアクセントとして、ここは新潟だよ。とささやいているようです。

スノーピーク本社、三条ラーメン。また故郷が好きなった日でした。