google-site-verification: google2ec8973bd812513f.html

ソロキャンプ道:ぶらりツーリングでキャンプ飯

バイク グルメ キャンプ飯の話

茨城 日川浜キャンプ場・魚介祭り。 ③

■魚介祭り、第二幕はどうなる。

ランチを終えていよいよ本日のキャンプ地、神栖市営 日川浜オートキャンプ場に向かいます。

その名のとおり、日川浜海水浴場のすぐ近くにあるキャンプ場です。

シーサイド道路に沿った細長い造りになっています。

f:id:osamu-ok:20191218234733j:plain

日川浜オートキャンプ場

道路から同じ角を入ったすぐ先には、神栖オートキャンプ場もあります。間違いに注意です。

f:id:osamu-ok:20191218235025j:plain

日川浜オートキャンプ場HPより

私が予約したのは、一番奥のテントサイト。HPで確認して、電話予約。応対も非常に丁寧でした。

f:id:osamu-ok:20191218235232j:plain

テントサイト

設営。今までに比べると随分短くなりました。腕が上がった訳ではありません。

タープをスノーピークのペンタシールドに替えました。張るのが格段に楽です。今回は基本の1ポールですが、慣れてきたら色々アレンジ出来そうです。

f:id:osamu-ok:20191219000425j:plain

少し離れています・・

時間が出来たので、近くの浴場に行くことにしました。キャンプ場と同じ神栖市営です。管理棟で割引券を頂いて、バイクで3分程で到着です。

f:id:osamu-ok:20191219000702j:plain

湯楽々

「ゆらら」。温泉ではないようですが、露天風呂もサウナもあります。

地元のシニアと親子連れで賑わっています。

お湯につかると逆に体が冷えていた事が分かります。はやり寒風が身に凍みていたようです。

露天風呂では、おじさん達の会話が耳に入ります。

お決まりの年金話と昔付き合った女性の話です。

本当は、女性の話はもう少し聞きたかったのですが、暗くなってきたのでキャンプ場に戻ります。

食材は、ランチの後、キャンプ場に向かう途中で地元のスーパータイヨーで仕入れて来ました。

f:id:osamu-ok:20191219001815j:plain

タイヨー神栖店

さすがに港町のスーパーです。地魚が品揃えが豊富でした。仕入れたのは、茨城産あんこうの切り身、ひらめを一匹。千葉産のはまぐり、丸がに一匹です。

本当は茨城産だけ、とも思ったのですが、神栖市は、千葉との境の街ですし、鹿島灘は千葉の外房の海域です。

さて魚介祭り第二幕の開演です。