google-site-verification: google2ec8973bd812513f.html

ソロキャンプ道:ぶらりツーリングでキャンプ飯

バイク グルメ キャンプ飯の話

富士山 ふもとっぱらキャンプ場・#きのう何食べた?①

■ここが聖地なのか

12月の中旬から計画を始めた初キャンプ。場所は富士山の見える場所が絶対。日程は、仕事始めは6日。そうすると、3日からの一泊。富士山の麓、富士宮の「ふもとっぱたキャンプ場」に決定。

ネットでは「キャンパーの聖地」ともゆるキャンの聖地とも書かれていました。楽しみです。

 

今回の大事なポイントは、寒さ対策。前回の茨城は走行中の寒さが応えました。今回はそれ以上でしょう。さらに就眠時はどうなのか。1月のキャンプは未体験。不安がつのります。

走行対策はこれ。

f:id:osamu-ok:20200106213746j:plain

フィールド・コア

前回の防寒対策はのユニクロヒートテック超極暖・上下でしたが、今回、ワークマンお得意の裏アルミのフィールドコア2枚を追加しました。

ユニクロとワークマンの最強タッグです。

結果は、大正解。ヒートテックの上に着た薄手のフィールドコアが特に効果的。暖かさが逃げない感じでした。

3日は快晴。良いツーリング&キャンプになりそうです。

f:id:osamu-ok:20200106214845j:plain

荷物がまた増えました

高速嫌いの私ですが、さすがに下道だと+3時間。今回は高速を選択しました。

中央フリーウエイ。上りはすでに帰省帰りの渋滞が始まっています。

f:id:osamu-ok:20200106215343j:plain

石川PA

 雪に覆われた富士山が見えてきます。期待と不安で胸が高鳴ります。

河口湖インターを降りたのが12時半過ぎ。キャンプ場の近くは食べるところは少なそうなので、インター周辺の道沿いで昼食場所を探します。

f:id:osamu-ok:20200106220712j:plain

蔵之介さん

f:id:osamu-ok:20200106220813j:plain

駐車場の風景


139号を走り、看板を見つけた吉田うどん、蔵之介さんに決めます。

素晴らしいロケーションです。

混みあっていましたが、待たずに席に着けました。

f:id:osamu-ok:20200106221043j:plain

肉きんぴらうどん

肉きんぴらうどんにしました。吉田うどんの特徴である太くコシのある麺で、小麦の香りを強く感じます。汁はだしがきいて少し甘め、何か懐かしい味です。吉田うどんの定番の薬味であるすりだね(赤唐辛子・ゴマ油に山椒を加えたもの)を入れるとまた違った味わいを楽しめました。一杯のうどんで、冷えた身体が一気に暖かくなり、ふもとっぱらに向います。

 

走りだすとすぐ右手に大きなショッピングセンターが見えます。買い出しするかな?と思いましたが、またキャンプ場まで25km。もう少し近くで買う事にします。

途中、道の駅に寄り、ふもとっぱらキャンプ場に着いたのが2時少し前。

ソロキャンプで代金2千円。

f:id:osamu-ok:20200106224318j:plain

富士山の麓

f:id:osamu-ok:20200106224344j:plain

広い

広い。とにかく広い。標高830mの富士山の麓に、東京ドーム約7ヶ分の広大なキャンプ場。無数のテント。そしてなにより驚くのは、何も遮るものがなく富士山を望めるその眺望です。

「聖地」その言葉が浮かびます。

f:id:osamu-ok:20200106230806j:plain

寒さ対策

少しでも寒さを防ごうとタープを被せて張りました。

f:id:osamu-ok:20200106230953j:plain

テント越しに富士山を望む

テント越しに富士山を望むと、ここが聖地なのか。何か厳かな気持ちになりました。