google-site-verification: google2ec8973bd812513f.html

ぶらりツーリングでキャンプ飯

バイク グルメ キャンプ飯の話

越生梅まつりと昭和の温泉

■今年こそはの梅まつり

3連休でしたが、何かと用事があり、キャンプに行けないのでせめて日帰りツーリングに行く事に。さてどこに行こうかな?と地域情報を見ていると梅まつりの時期のようです。

水戸偕楽園熱海梅園と共に関東三大梅林と言われている、埼玉は入間郡越生梅林(おごせばいりん)の梅まつりを見に行く事にします。

妻に話したら、「キャンプじゃないなら、私も行く」と予想外の反応。

実は昨年、家族で水戸の偕楽園に梅を見に行ったら、時期を外して、ほぼ散った後。という失態だったので、お詫びも兼ねて、バイク→車に変更。

f:id:osamu-ok:20200224225118j:plain

セブン恐るべし

妻と二人で越生梅林に向います。途中のセブンで朝食を調達。私はおにぎり二つ。

かつ丼おにぎりは、発売になった事を知り、気になっていたのでチョイス。うーん。セブン恐るべし。この小さなおにぎりの中に、卵、かつ、タレの滲みたごはん、さらに食べごたえ、と、しっかりとかつ丼の世界を作っています。

f:id:osamu-ok:20200224225926j:plain

到着

越生梅林手前の数キロは大渋滞。やはり人気のようです。

運よく駐車場もスムーズに入れたので、梅林に向います。

f:id:osamu-ok:20200224230341j:plain

300円

入場料は300円。梅林に入った瞬間。むせ返るような梅の香りです。

f:id:osamu-ok:20200225224704j:plain

白梅

f:id:osamu-ok:20200225224730j:plain

紅梅

f:id:osamu-ok:20200225224750j:plain

枝垂れ梅

白梅、紅梅、枝垂れ梅。多くの種類の梅が楽しめます。

快晴の空に梅の花々が美しいです。

f:id:osamu-ok:20200225225004j:plain

絶対美味しい

地元の梅の特産品も売っています。まずは梅干し、絶対美味しい予感。

f:id:osamu-ok:20200225225146j:plain

梅酢

そして梅酢、酒の割材に良いですし、何か料理に使えそうです。

妻も地元の農家の方の野菜をあれこれ。

お昼は、屋台で済ます事にします。(じゃがバターと焼きそば)

先ほど入口で、近くのお豆腐屋さんのパンフを頂いたので、寄って行く事にします。

f:id:osamu-ok:20200225225605j:plain

豆腐工房みやさん

豆腐工房みやさんです。入口に入ると「豆乳いかがですか。」と試飲を頂きました。

すごい美味しい。濃厚。そして香り豊か。今まで飲んだ豆乳で一番美味しいかも。

実は、お豆腐屋さんに寄ったのも、今度、豆乳を使った料理にチャレンジしたいと思って、美味しい豆乳を求めていたからです。

早速買おうと尋ねると「ごめんなさい。もう、今日の分は完売で、試飲だけなんです。」との答え。ガーン。試飲した分、残念感倍増。

f:id:osamu-ok:20200225230329j:plain

左端が豆乳の場所。売り切れ

試食もできます。美味しかった柚子豆腐としろごま豆腐をチョイス。

f:id:osamu-ok:20200225230545j:plain

本日のおすすめ

そしておすすめのモンドセレクション金賞受賞のお豆腐「越生美人」

(夕飯で頂きましたが、ご馳走と言えるお豆腐でした。)

埼玉のこの近隣では、他に有名な豆腐屋さんがありますが、豆腐工房みやさんのお豆腐も本当に美味しい。通販でも買えるようです。

 

越生の町を走って思うのは、あちこちに梅の花が咲いている事です。まつりの会場だけでなく町全体が越生梅林です。

 

さて今回のツーリング(ドライブ)では、もう1ケ所行きたいところがあります。

f:id:osamu-ok:20200225231233j:plain

玉川温泉

車で15分程、すぐ近くの比企郡ときがわ町日帰り温泉玉川温泉。昭和レトロな温泉銭湯。がキャッチコピーです。

f:id:osamu-ok:20200225231442j:plain

三丁目の夕日

 入口からして、「三丁目の夕日」のようですね。

f:id:osamu-ok:20200225231939j:plain

入口

f:id:osamu-ok:20200225232053j:plain

入口2

いかにもという感はしますが、既に昭和は、骨董というか、思い出の中の世界なんだと感慨深くなります。

f:id:osamu-ok:20200225232846j:plain

売店

中に入ると売店も充実しています。昔の駄菓子とご当地サイダー

f:id:osamu-ok:20200225233007j:plain

お湯を頂きます

館内は、かなり混みあい人気の温泉のようです。平成生まれ、20代のカップルや、小学生も多く、彼らには、この昭和の風景はどう映るのでしょうか?

 

さて、男性は昭の湯です。昭の湯と和の湯は、男女、週で入れ替わるようです。

昭の湯は、岩の露店風呂がいい感じです。ぬるめで、しっとりお湯を楽しみました。


女性風呂では、泥パックが無料で提供されるらしく、風呂から上がった妻が、「凄い、つるつる」とIKKOさん風のリアクション。

 

この周辺は埼玉のキャンプ場スポットで、温泉も多いので、再訪したいと思います。