google-site-verification: google2ec8973bd812513f.html

ぶらりツーリングでキャンプ飯

バイク グルメ キャンプ飯の話

今日、福島に行きます。③

■ガラスの器。再生への祈り

チェックアウトをしようとすると、昨日と違うフロントの方から「SRのお客さんですか?」と声をかけられます。彼もバイク乗りとの事。少し話を伺います。

 

町に戻ってきた人の為に、このいこいの村が出来たが、現実は住民が少なく、町外から来る工事関係者で成り立っている状態。 

工事は道路・漁港の公共事業、世界最大級の水素製造工場建設。そして家屋の解体作業との事。

 

解体作業は町に戻る為の建て替えですか?と尋ねると「いえ、もう町に戻らない、引き払いの解体がほとんどです。」

「たまに、仕事でよそから来て泊まる人の中に、知った顔を見かけるんですよね。声をかけるんですけど、気まずそうで。もう違う町で新しい生活があるんですよね。」と少し寂しげな表情。

 

ご丁寧に玄関で見送って頂きました。感謝。

 

f:id:osamu-ok:20200325222253j:plain

大型ジー

置き去りの大型ジープ。避難先には大き過ぎたのか?

f:id:osamu-ok:20200325222417j:plain

車の多くがトラック

海の方に向っていきましたが、走る車の多くがトラック。

f:id:osamu-ok:20200325222632j:plain

新しい漁港

真新しい漁港が整備されています。

f:id:osamu-ok:20200325223116j:plain

堤防

f:id:osamu-ok:20200325222817j:plain

水素工場

遠くに見える大型の施設が水素製造工場のようです。

f:id:osamu-ok:20200325223306j:plain

塀で囲まれた場所

何か塀で囲まれた場所があるので行ってみます。

f:id:osamu-ok:20200325223605j:plain

除去土壌

放射線量は低いようですが、まだ除去した土壌が残っています。

f:id:osamu-ok:20200325224301j:plain

解体工事

街中を走っていると先ほどの宿の方の話どおり、解体する家屋をよく見かけます。

 

公共工事・新設される巨大工場。そして人のいない町。何か、きれいなガラスの器のようなイメージが浮かびます。外見は奇麗ですが中味は空っぽ。

 

短い時間ですが、スーパーのスタッフ、昨晩のバスの運転手の女性の方、居酒屋の若主人、そして宿のバイク乗りの方。この町を愛し、この町に戻り、そしてこの町の未来を創ろうとする方々に出会い、浪江町の復興を願わずにはいられません。

 

元の住民の方が戻ってくるのを待つより、新しく町に来る人々により、浪江町は生まれ変わるのではないでしょうか。この町の再生を祈ります。