google-site-verification: google2ec8973bd812513f.html

焚き火とウィスキーを巡る旅⑨

お酒の神様、バッカスが現れて、「一人でキャンプ。焚き火の前で、お前が一番旨いと思う酒は何かな?」と尋ねたら、私は何の酒を選ぶのだろうか。

■夜風に誘われ、風香る。

 キャンプ用品を入れている物入を整理。

小物入れ用にワインの木箱を購入しました。

特級畑のシャトーマルゴーを選択。

飲んだことないけど。(笑)

f:id:osamu-ok:20210422213702j:plain

物入を整理

1回しか使ってないとか、買っただけでデビューしていないグッズがあり心が痛い。

反省。

夜、いい風が吹いていたので庭先でウィスキーを飲むことに。

最近はオイルランタンばかりだったので、ガスランタンLEDランタンの灯りをつまみにします。

f:id:osamu-ok:20210422214312j:plain

つまみはランタンの灯り

 

第9回今宵飲むウイスキーは、『サントリーシングルグレーンウィスキー知多』

f:id:osamu-ok:20210422214810j:plain

知多

知多はウィスキーでは珍しいシングルグレーンウィスキー。

※国内ではサントリーの他、キリン・ニッカも出しています。

大麦を原料に単式蒸溜器でつくるモルトウィスキー。

とうもろこしを主原料に連続式蒸留器でつくるグレーンウィスキー。

ウィスキーの多くは、モルトとグレーンをブレンドしたブレンデッドで、あとはモルトウィスキー。

グレーンウィスキーは、個性の強いモルトを飲みやすくするように使われているウィスキーのバイプレーヤー。

昨今バイプレーヤーが注目されているので、シングルグレーンもありかも。

知多蒸留所はサントリーの角瓶や響などのブレンデッドウィスキー用のグレーンウィスキーを生産しています。

連続式蒸留器なので、工場・プラントといった様子。

知多を発売した後、サングレイン(株)→知多蒸留所(株)に社名変更。

ブランディングですね。

f:id:osamu-ok:20210422221351j:plain

知多蒸留所

さて頂きましょう。自宅なので、最初はティスティンググラスで。

f:id:osamu-ok:20210422222142j:plain

頂きます

シングルグレーンウィスキー知多

産地  :日本・知多蒸留所

タイプ :シングルグレーンウィスキー

製造者 :サントリースピリッツ株式会社

   :明るい黄金色

香り  :甘く軽やか。

     小さな花のような草のような香り。

     熟成感は少ない。

味わい :クリアで清涼感。グレーン独特の甘さ。          

余韻  :短くすっきり。

季節は春から初夏に移ろうとしている。

青空のもと、広がるとうもろこし畑の小径を歩いている。

足元には小さな白い花。

一陣の風。

あっ。今、風が香った。 

 

「今宵の酒はどうだったかな?」

バッカスの声。

ランタンは回収したのに、木の後ろが灯っている。

f:id:osamu-ok:20210422222507j:plain

ご馳走様でした。

f:id:osamu-ok:20210422214530j:plain

木の後ろが灯っている

おいおい、今日は焚き火はないし、我が家に訪問頂くなら、玄関から来てほしかった。

そもそもなんで私の家を知っているの?

まあいい。

「キャンプにこの軽さは違うような気がする。」

私の答えにYESかNOなのか分からないが、灯りが消えた。

                        続く