google-site-verification: google2ec8973bd812513f.html

焚き火とウィスキーを巡る旅㉛

お酒の神様、バッカスが現れて、「一人でキャンプ。焚き火の前で、お前が一番旨いと思う酒は何かな?」と尋ねたら、私は何の酒を選ぶのだろうか。

■Sine Metu 恐れ知らずのウィスキー

メインサイトからさほど林の中に入った訳ではないが、まったく人の気配を感じない。

先ほどからの動物の鳴き声。鳥じゃない。想像するのは止めよう。

焚き火の炎だけが味方だ。

焚き火が味方

稲光が光る。少し遅れて遠くで雷の音

バッカスだ。

また天空に稲光が走る。

遠くの空が光る

雷鳴との間隔が短くなった。近づいている。

今晩のバッカスの登場は派手だ。

「ところで、今宵の酒は決まったかな?」

バッカスの声が響く。

「今日の登場は派手だね。雷も操れるのかい。」少しからかい気味に話かける。

「雷を操るのは、下級神じゃ。わしも出来ん事はないがな。」

「えっ。じゃあ、この雷はバッカスじゃないの?」

「ああ。つい先の方では、かなりの激しい雨じゃ。早く飲んだ方がよいぞ。だから決まったかと訊ねたのじゃ。」

●第31回今宵飲むウィスキーは『ジャムソン・スタンダード』

ジェムソン

1780年にジョン・ジェムソンが確立したアイリッシュウィスキーの手法。

ピートを使わず、大麦、モルト、グレーンの3つを原料とし、3回蒸留によって造られる「ジェムソン」

その手法を守り続ける、ジェムソン一族の家訓、Sine Metu(恐れ知らず)は今もラベルに書かれています。

では、頂きます。

頂きます

生産地:アイルランド共和国 コーク

製造者:アイリッシュ・ディスティラーズ・グループ

    (ペルノリカール社)

色  :黄金がかった琥珀

香り :ノンピート。微かなシェリー香。

    スパイシーさとウッディーさを含んだ甘い香り。

味わい:どこまでもスムーズ。スパイシーさとナッツのような味わい。

    シェリー由来の甘さ。

余韻 :柔らかな優しい余韻がいつまでも続いていく。

ミドルトン蒸留所

冬のコークの街は寒い。ポケットにアイリッシュを忍ばせて歩く。

リー川沿いを左に入るとまるで中世のお城のような建物が現れる。

見上げていると、いつの間にか、隣に痩せた老人が立っている。

「ここは百年前まで刑務所だった場所だよ。冬の寒さがきつくてね。」

えっ。と思い隣を見ると老人の姿は消えていた。

アイリッシュの酔いが見せた幻だろうか。

「スキットルにウィスキーは残っているのか?」バッカスが聞いてきた。

そんな事を聞くのは、珍しい。

「今宵は、少し辛くなりそうじゃ。せめて酒があった方がいい。」

稲光。そして雷鳴。大粒の雨が降り始めた。

当然バッカスはいない。

続く。